ウラシマソウ、ハナイバナ、ヤブヘビイチゴ

昨日は、葛西臨海公園の1部の「植生調査」をやりました。
曇り空で時々冷たい風の吹くひでしたが、色とりどりの花・芽吹きが感察できました。
草本・木本合わせて150種以上を記録しました。(写真の方はこの後もう一つのブログへ)

a0083553_20464933.jpg
ウラシマソウ=浦島草(サトイモ)、ハナイバナ=葉内花(ムラサキ科)
ヤブヘビイチゴ=薮蛇苺(バラ科) 2004.4.11 明治神宮

[PR]
by hitakijo | 2010-04-21 08:29 | 野草・植物スケッチ | Comments(2)
Commented by よしの88 at 2010-05-04 22:13 x
こんばんは、植生調査、この時は誠にありがとうございました。
記録は150種以上ですか。
うちのメモ帳には65種類しか書いていませんでした。
かなり落としていると言う事になりそうですが、写真を撮りながらですと大変に難しいです。
又機会があれば、またよろしかったらと思っております。

さて、ウラシマソウさん、素晴らしいですね。
マムシグサさんは行く先々で良く出会うのですが、ウラシマソウさんはそうは多く出会う事がありません。
うちの行く所では泉自然公園くらいなのではと思っています。
ハナイバナさん、先日ブログでお教えを頂き、印象深い種類です。

この日は今年3回目の蝶の里公園に行っていました。
前回確認できず、疑問に思っていた、イチリンソウさん、ニリンソウさん、ジュウニヒトエさん、フデリンドウさんなどをやっと確認できた日でもありました。
詳細は掲示板に後日掲載したいと思っています。
あとハバチ類やヒメバチ類が大変に多く目立ちましたが、不明種も多く現在調べているところです。
この時期限定のダイミョウキマダラハナバチ君も確認できました。
Commented by hitakijo at 2010-05-05 14:49
よしの88さん、こんにちは。
植生調査、楽しんでいただけましたか。
150種以上、まあまあといったところです。もっとあって良い環境ですが、流れにギシギシ繁茂しすぎて、水辺の野草が少なかったです。

ウラシマソウ、以前は明治神宮の参道脇にもあったのですが、最近は見る機会がありません。
ハナイバナ、昨日北砂へ所用ででかけ、帰りに清澄庭園に立ち寄ったらハナイバナがたくさん咲いていました。あれほどの群落は初めてでした。しかし、もの凄い人出でした。
3回目の蝶の里公園、大きな成果があったようですね。
<< ホオアカ 『春の自然感察とスケッチ教室』... >>