チドリノキ、オヤマボクチ、カンボク、フモトスミレ、ヒトリシズカ、アケボノスミレ

a0083553_7584799.jpg
上左から チドリノキ(カエデ科)、バイカオウレン(ゴヨウオウレン)の葉、オヤマボクの葉、
カンボク(スイカズラ科)、フモトスミレ、ヒトリシズカ、アケボノスミレ
2004.5.3~4 軽井沢

[PR]
by hitakijo | 2010-05-19 08:01 | 野草・植物スケッチ | Comments(4)
Commented by ハイノキ at 2010-05-23 16:53 x
こんにちは。
昨日の朝6時に柳原千草園に行きゆっくり色色見てきました。
人も2,3人と少なく1時間位いたようでした。チドリノキはプロペラを付けていました。ヒトリシズカはまだ咲いていませんでした。その上のハナイカダに実がしっかり付いていたり、チュウリップの木に花が沢山咲いていました。田舎の友達と話していたらユリノキのことを教えてもらい探してみることにし、すぐ見つかって感激して見上げていました。友達は
実際に植えたら成長が速くてびっくりしていました。慌てて剪定したようです。大分前に先生のブログ見ると楽しいよと、教えたら、自分用のパソコンを持っていないのでといっていました。私の姉も同じこといっていました。
Commented by hitakijo at 2010-05-23 17:13
ハイノキさん、こんばんは。
昨日の午前中は柳原千草園でしたか。精力的に感察していますね。私も頑張らねば。(笑)
チドリノキ、もう翼果が出来ていましたか。
千草園の花情報ありがとうございます。
ユリノキの楽しい話ありがとうございます。
自分用のパソコンがない。前年ですね。

Commented by よしの88 at 2010-05-29 19:47 x
こんばんは、チドリノキさん、いつしかカエデさん10種を箱根湿生花園で見たのを思い出しました。
その後どうなっているのか、今度注意して見てみたいと思いました。
バイカオウレンさん、未だに会ったことのない種類ですが、特徴的な鋸葉ですね。
オオヤマボクさん、カンボクさんも会った事がないようです。
ヒトリシズカさんは行く先々で今年は撮影する事が出来ました。
フモトスミレさん、アケボノスミレさん、良いですね。

さて、この前日には蝶の里公園に行っていましたが、強風で殆ど撮影が出来ない状況でした。
しかし、それでも初めて見る種類もいくらかいて、決して成果がなかったというわけではありませんでした。
ただ、昨年には見なかった種類も多く、何らかの環境変化があるのではとも感じているところです。
一番には草刈り・伐採が大変に多くなったように感じる事です。
草刈りはエリアごとに根こそぎと言う感じで、せっかくチョウ類の食草が多くいても、全く意味がなくなってしまいます。
今後の動向を見ていきたいと思っています。
Commented by hitakijo at 2010-05-29 21:43
よしの88さん、こんばんは。
カエデ10種を箱根湿生花園でご覧になったんでしたね。
公園のイロハカエデは赤い翼果が出来ていました。
柳原千草園のチドリノキ、ハイノキさんの情報では翼果が出来ていてそうです。
バイカオウレンはカタクリの里にもあるようです。
昨年今年と山の方へ行く機会がなく、多くのスミレ類には出会えませんでした。

あの強風の日は蝶の里公園でしたか、強風でも成果があった幼で、流石ですね。
素晴らしい公園のようですが、大がかりな草刈りがあるのでしょうね。
裏の公園でも草刈りが頻繁にありますが、生態系への配慮は一切ありません。何処でも同じようですね。
空き地、昨年の大々的な草刈りで植生が大きく変わりました。メマツヨイグサとアメリカオニアザミがほとんど姿を消し、昨年ほとんどなかったイヌムギ、ネズミムギが多くなっています。これからの昆虫の動向が気になります。
テントウムシのサナギだけは結構あります。
<< コルリ、カラマツ、ツルキンバイ チョウジザクラ >>