『 芒 の 回転運動 』 カラスムギ Avena fatua

カラスムギの頴果には曲がった長い芒(のぎ)があります。
秋になって地面に落ちた頴果は、
この芒が乾湿運動で屈曲点を軸に回転運動を繰り返し、
土に潜り込んで発芽を有利にしているそうです。
ちなみに、カラスムギを栽培化した穀物が燕麦(エンバク)です。

a0083553_1826365.jpg




a0083553_18262225.jpg
カラスムギ=烏麦(イネ科カラスムギ属 2013.4.27 鳥類園にて

[PR]
by hitakijo | 2013-05-29 21:32 | 葛西臨海公園・鳥類園 | Comments(0)
<< 『高尾山にて』 キビタキ Fi... 『1970年代のスケッチ』 コ... >>