カシラダカ / 今日は啓蟄・・・モンキチョウが飛んでいた! !

窓から外を見ると本日は雲ひとつない良い天気。
妻が朗読ボランティアの集まりに出かけるので、私も10時半からお昼まで上平井に行くことにしました。
今年初めての上平井ですから感察に専念しようとスケッチ箱は持って行きませんでした。
人気のないグランドには数羽のツグミが採餌しています。
幅の狭い葦原に沿って歩き出すと前方のヌルデの枝にモズが止まりました。
地上で餌を探していたのでしょう。ザックから双眼鏡を出して覗くと♂でした。
さらに歩を進めると葦原の中で採餌するスズメ、オオジュリン、ツグミが見え隠れしています。
良く見ようと目をこらすと、川の中の杭に止まっているイソシギが葦の茎越しにみえます。
その向こうを3羽のセイタカシギが上流へと飛んでいきました。
ひとしきり感察したあと、今度は幅の広い葦原の方へと移動する途中で今年初出現の「モンキチョウ♂」が
今来た方向へ飛んで行くのに出会いました。
彼を見送ったあと振り返って歩き出そうとしたら、前方の葦の茎にモズが止まりました。
今度は♀でした。
最後は干潟がなくなって鳥が寄りつかなくなったワンドへ。
どうしたことか今日はカワウ、ユリカモメすら1羽もいません。
よくよく見れば杭の間の水面に2羽のオオバンがいました。
スケッチは記事とは関係ない水元公園で描いたものです。

a0083553_13385093.jpg
カシラダカ 19913.3 水元公園にて

[PR]
by hitakijo | 2009-03-05 13:39 | 水元公園にて | Comments(4)
Commented by タケノコ at 2009-03-05 23:28 x
今日は少し気温も上り たくさんの小鳥を感察できてよかったですね。私も行動範囲をもっと広げてみよう。こんなスケッチが描けたらいいなあ~なんて夢みたいなことおもっています。
Commented by hitakijo at 2009-03-05 23:43
タケノコさん、こんばんは。
今日はまずまずの成果でした。以前はもっとたくさんの種類がいたのでが、それを思うとちょっと悲しいです。
スケッチ楽しくやれば長続きして上手くなりますよ。焦らずに、まずわ楽しくゆっくりと・・・
Commented by よしの88 at 2009-03-09 04:33 x
こんばんは、上平井干潟、いつもお聞きするにつけ、素晴らしい場所であった事が伺えます。
そして、その当時のこの時期にモンキチョウ君も舞っていたとのこと、随分と早い時期からではないかと思いました。
現在では温暖化も進み、更に早い時期から見られるのかも知れないと感じています。
カシラダカ君、久しく会っていない種類です。
今年に入って、実は栃木県の井頭公園に4回足を運んでいますが、目的の一つである、カシラダカ君とミヤマホオジロ君には会えず仕舞いでした。
Commented by hitakijo at 2009-03-09 13:05
よしの88さん、こんにちは。
上平井干潟、行くたびに悔しさがこみ上げてきます。
モンキチョウは幼虫かサナギで越冬ですから、羽化したばかりのようでした。例年モンシロチョウを先に見ていたのですが今年はまだ見ていません。ある程度温暖化の影響でしょうか。
4回足を運んで会えないとなると、渡来地が偏っているのでしょうか。
<< ゴイサギ スズメ、アオジ >>