『故郷にて』 ハカマカズラ

今日は、こちらではまず野生のものを見る事が出来ない(自生していない)植物を紹介します。
この年、法事のため故郷へ帰りました。
その翌日は弟の運転で野母崎と樺島へドライブし、その時に描いたものです。 


a0083553_9124250.jpg
▲ハカマカズラ=袴蔓(マメ科・ジャケツイバラ科)
葉の先が裂けているのを袴に見立てて袴蔓という名に。豆果の長さは約7センチ。
海沿いの道路脇の崖から垂れ下がっていました。
2003.9.16 野母崎にて

[PR]
by hitakijo | 2009-09-24 09:07 | 野草・植物スケッチ | Comments(1)
Commented by よしの88 at 2009-09-26 21:37 x
こんばんは、ハカマズラさん、こちらではまず見る事の出来ない種類なのですね。
初めて聞くように思う種類です。
ちょっと調べてみましたら、浜辺に育つとありましたが、それも西の方の様ですね。
その地域特有の種類はどうしたってこちらでは見る事が出来ませんから、こう言った機会は大変に貴重ですね。
<< ツリバナ ノササゲ >>