アオアシシギ

新浜を初めて訪れたのは1969年3月3日。
この当時は『新浜鴨場』の前まで海がせまっていて、護岸の前には干潟もありました。
この日はスズガモの♂♀を見て、干潟が出た午後には冬羽のツルシギを見ることができました。
もちろん両種とも初めての出会いでした。
そして、秋に訪れたこの日は初めてのアオアシシギを見て、すっかりシギのファンになりました。
その後新浜には毎週のように通いました。


a0083553_8154773.jpg
薄暮に佇む2羽のアオアシシギ 1969.10.6 新浜にて

[PR]
by hitakijo | 2009-10-23 08:51 | 60年代のスケッチ | Comments(1)
Commented by よしの88 at 2009-10-23 17:57 x
こんにちは、新浜のアオアシシギ君、この時が最初の出会いだったのですね。
それから行かれるようになったと言う事も納得出来るように思います。
当時の新浜の記録(調査報告書)を見ますと今とはかなり多くの種類、個体数が記録されていますから、それこそ素晴らしい場所であったと感じるところです。
新浜鴨場まで海が迫っていたというのは今では状況が違いますから、かなり環境的にも変化したようにも思います。
今現在でも多くの種類・個体数が記録されるところではありますが、見るには遠すぎると言う感じがなきにしもあらずという感じです。

明日は夜勤明けで時間が全くはっきりしませんが、鳥類園に行く予定で、楽しみにしています。
<< 『若い果実』 ヤブマメ、ウバメ... クコ >>