メマツヨイグサ、エノキ、アラカシ、ユリノキ、コマツヨイグサ

a0083553_15494767.jpg
上左から:メマツヨイグサ=雌待宵草(アカバナ科)の花と果実、エノキ=榎(ニレ科)の果実
アラカシ=粗樫(ブナ科)のドングリ、ユリノキ=百合の木(モクレン科)の集合果とひとつの果実
コマツヨイグサ=小待宵草(アカバナ科)
2006.10.20 裏の公園にて

[PR]
by hitakijo | 2009-10-26 15:53 | 野草・植物スケッチ | Comments(4)
Commented by mintcandy2004 at 2009-10-27 15:59
こんにちは!
ご無沙汰しております。
台風一過な今日は良いお天気でしたね!
家の窓から、房総の山々が見えています。
今年は暑くて、紅葉はちょっと厳しい気がしますが、どうですか?
銀杏などは、黄色くなる前に枯れて落葉していますね。
桜も色づく葉より、落ちている葉が多い気が・・・
寒くないのは良いけれど、一寸寂しいですね。
先日久しぶりに近くの公園で、どんぐりを拾いました。^^
植物達はしっかりと、季節を進めていますよね。
↓のスミレホコリタケのお話、楽しく拝見しました。^^
Commented by hitakijo at 2009-10-27 17:09
mintcandy2004さん、こんにちは。
今日は良い天気でしたね。
朝の散歩で相棒のジョウビタキ♂に初見しました。(笑)
裏の公園の桜や銀杏も色づく前に落葉しています。
気温に関係なく植物たちは季節を感じ取っていますね。
ありがとうございます。
Commented by よしの88 at 2009-10-28 23:41 x
こんばんは、メマツヨイグサさん、うちの行く所でも個体数は多くはありませんが、必ずこの季節にも出会う種類です。
ただ、お花の咲いている時間に限りがあるようで、なかなか良い時の写真が撮れないままです。
エノキさんは果実の時期ですね。
とは言っても、昨日エノキさんを見たのですが、気が付きませんでした。
アラカシさん、こちらはいわゆるドングリさんですね。
先日のウバメガシさんとはかなり違った付き方に感じました。
ユリノキさん、こちらは多分にして初めて見るように思います。
集合果は何となく箒にも見えてくる様です。
コマツヨイグサさん、こちらも初めて見るようです。
大変にシンプルながら、きれいです。

昨日は今シーズン9回目の箱根湿生花園でした。
お花はかなり少なくなりましたが、カエデさんを見て回るイベントもあり、そちらに挑戦してみました。
葉っぱだけを見てその種を考えるのですが、うちは全く樹木はわからず、イロハモミジさんくらいしかわかりませんでした。
この時の葉っぱは撮りにくいところもありましたが、全て撮ってありますので、カエデさんのシリーズとして掲載したいと思っています。
Commented by hitakijo at 2009-10-29 11:55
よしの88さん、おはようございます。
メマツヨイグサ、空き地にもたくさんあります。現在はすべて果実の穂になっています。
マツヨイグサ(待宵草)の花は名前通り夕方からよるにさくはなですから、花の撮影には夕方か夜明け頃が良いと思います。どんより曇った日は昼頃まで咲いていることもあります。
裏の公園のエノキの果実は残っていたものも台風で落ちてしまいました。よしの88さんがご覧になったエノキも実が落ちて目立たなかったのではありませんか。
アラカシもウバメガシも鳥類園にありましから、行かれて折りにでも確かめてください。
ユリノキは北米原産の公園樹ですから、大きな公園には大抵あるようです。水元公園の駐車場付近にも何本かあります。
コマツヨイグサは西渚に沢山あります。鳥類園の中央園路にも少しあったのですが草刈りで最近は見なくなりました。
ありがとうございます。
秋の箱根湿生花園良いでしょうね。もう紅葉がはじまっているようですね。私も多くのカエデの葉をスケッチし、ペン画集も創りましたから、よしの88さんの撮影された写真を見るのが楽しみです。
<< 『野鳥スケッチ』 オナガガモ、... サカキ、クコ、クマシデ、スイカ... >>