チドリノキ、シロヤマブキ、コナラ、シャリンバイ、エゴノキ、ツリバナ、キヅタ

カエデの仲間の葉は、イロハカエデのような形の葉ばかりではありません。
こんな形の葉(画像の左上)もあるのです。

a0083553_22101223.jpg
上左から:チドリノキ=千鳥木(カエデ科)、シロヤマブキ=白山吹(バラ科)の果実
ヒコサンヒメシャラ=英彦山姫沙羅(ツバキ科)の果実、コナラ=小楢(ブナ科)のドングリ
ニワウルシ=庭漆(ニガキ科)の果実、シャリンバイ=車輪梅(バラ科)の果実、エゴノキ(エゴノキ科)の果実
ツリバナ=吊花(ニシキギ科)の果実、キヅタ=木蔦(ウコギ科)の花
ヤチダモ=谷地梻(モクセイ科)の小葉  2004.10.29 柳原千草園にて

[PR]
by hitakijo | 2009-11-04 07:00 | 野草・植物スケッチ | Comments(4)
Commented by ハイノキ at 2009-11-05 23:04 x
チドリノキの実とカエデの実(プロペラのような)は同じような感じですね。
納得しました。千鳥木素敵な名前です。エゴノキは家のアパート横に植えられていました。8年間気がつきませんでした。
千草園に又行ってみよう、10月中旬に行った時サンシュユに赤い果実が付いていました。黄色の花から赤い実ちょっとふしぎにおもっています。
またまた画面が消えてしまいました。
Commented by hitakijo at 2009-11-06 18:57
ハイノキさん、こんばんは。
チドリノキ、実(翼果)を見ればカエデの仲間ということがお分かりでしょ。
エゴノキ、やっと日の目を見たので喜んでいると思います。(笑)
サンシュユ、色づいていましたか。そう言えば以前スケッチしたことがあります。最近はいっていません。
自転車に乗ることが出来なくなったので最近は行ってません。
白い花から黒い実が生るのもふしぎです。(笑)
>またまた画面が消えてしまいました。・・・?????
Commented by よしの88 at 2009-11-09 22:34 x
こんばんは、カエデさんの種類、先日に箱根湿生花園で10種類を見て来ましたので、大変に記憶に新しい事です。
確かにイロハカエデさんの様な葉っぱばかりではないことをうちもその時に思った事です。
チドリノキさんもその時いました。
葉っぱだけではピンと来ませんが、果実を見るとすぐにわかりますね。
シロヤマブキさんの実、昨シーズンは良く撮影しましたが、今シーズンはそう言えば撮っていない事を思い出しました。
ツリバナさんの果実は先日の横浜自然観察の森で撮影しました。
それぞれに秋ならではで、素晴らしいですね。
Commented by hitakijo at 2009-11-10 13:12
よしの88さん、こんにちは。
箱根湿生花園はカエデの種類を多いのですね。全て自生でしょうか? 高尾山にも結構ありましが10種はないと思います。
イロハカエデのような葉でないカエデは、他にはヒトツバカエデとメグスリノキがありますね。
シロヤマブキの果実、鳥類園のは今年も生っていました。
ツリバナ、撮影されたのですね。掲載されるのが楽しみです。
☆ありがとうございます。
<< マガモ、オナガガモ、イソシギ、アシ アオサギ、トネリコ >>