『 樹木スケッチ 』 大葉茱萸

a0083553_22354512.jpg
オオバグミ (グミ科、別名:マルバグミ=丸葉茱萸)
海岸性の常緑樹で鳥類園では下の池の海側園路にあります。
花は秋10~11月に開花し、果実は翌年の4月ごろ赤熟します。
2008.11.3 鳥類園にて

[PR]
by hitakijo | 2009-11-11 09:16 | 野草・植物スケッチ | Comments(2)
Commented by よしの88 at 2009-11-15 16:54 x
こんにちは、オオバグミさん、お名前の通りに葉っぱが大きく、お花は控えめで何とも良いですね。
鳥類園の下の池の海岸側の園路にいるのは今まで気が付きませんでしたが、今度確かめてみたいと思います。
まさに今がお花の季節のようですね。
Commented by hitakijo at 2009-11-15 20:48
よしの88さん、こんばんは。
☆ありがとうございます。

オオバグミ、アメリカモチノキの近くにあります。しかしあまり花つきが良くないようです。10月の時は咲いていませんでしたが今頃は咲いているかもしれませんね。
28日の1日スタッフのときに確かめようと思います。
<< アリスイ、オオシマザクラ  『就眠運動』 カタバミ >>