『もみじ 色』  い・ろ・い・ろ

現在では、紅葉(こうよう、もみじ)と言えばイロハカエデなどカエデ類の代名詞のようになっていますが、
「もみじ」の語源は緑の葉を秋になると自然が色とりどりに『もみだす』からきているそうです。
ちなみに、万葉時代は「黄葉」も「もみじ」と呼んでいたそうです。
秋に色づいた葉(紅葉・黄葉・褐葉など)は全て『もみじ』なのです。
公園の『もみじ』をスケッチしてみました。


a0083553_224594.jpg
上左から:ケヤキ、エノキ、ムクノキ、クヌギ、タブノキ、ユリノキ、カクレミノ
2006.11.22 公園にて

[PR]
by hitakijo | 2009-11-15 07:52 | 野草・植物スケッチ | Comments(4)
Commented by よしの88 at 2009-11-15 17:16 x
こんにちは、それぞれのもみじ色、素晴らしいですね。
こうして拝見しますと実に様々な種類がいるのに気が付くと同時にいかに普段気が付いていないかを思い知らされます。
黄色もそのうちに入るのですね。
確かに紅い色合いと黄色い色合い、どちらも「紅葉」ではあると思いますが、こちらも気が付いているようで気が付いていない世界でもあります。
こちらだけでも12種類、今度フィールドに出たときはちょっと視点を変えて見てみようと思います。
Commented by ハイノキ at 2009-11-15 19:16 x
今朝の散歩の途中葛の茂みの中からカンタンだと思います、ルルル・・・・と聞こえました。陽気な天気に誘われて今日は階下の奥さんと柳原千草園に行ってきました。色 い・ろ・い・ろ 感じ楽しんできました。
チドリノキ,シロヤマブキの黒い実,カクレミノ、桜が咲いていたり、カラスウリを取って貰い頂いたり、ハマナスの赤い実が余りにも可愛くてよそのマンションから一個失敬してしまいました。絵手紙をかくそうです。ぶらり散歩の日でした。ちょっと疲れたせいか軽いめまいを感じながら楽しみんだハイノキでした。
Commented by hitakijo at 2009-11-15 21:26
よしの88さん、こんばんは。
☆ありがとうございます。

もみじ、多くのブログが紅葉(カエデ類)を掲載していますが、他の樹種のもみじはほとんど載っていませんね。
多くの人は気づかないのかあまり美しいと感じないのでしょう。もったいない話です。
公園でこの数ですから里山に行けばこの数倍のもみじが感察出来るのではないでしょうか。
Commented by hitakijo at 2009-11-15 21:36
ハイノキさん、こんばんは。
今朝はありがとうございました。
カンタン、陽気に誘われて最後の力を振り絞ってないていたのでしょう。
今頃の柳原千草園は良いでしょう。10月桜も咲いていましたか。とても楽しまれてようですね。
私も陽気に誘われて午後も空き地へ行きました。クロアゲハもコウガイビルもいませんでしたが、別の昆虫がたくさん出ていて楽しかったです。夢中で感察していたら暑さで目まいがしたので帰りました。
<< ジョウビタキ  ホオジロ >>