カテゴリ:☆☆感察☆☆( 63 )

『 スケッチ 夕焼け 』

昨日ベランダから見た夕焼けはとても綺麗だった。
久しぶりに、夕焼けのスケッチをした。

a0083553_1757311.jpg
2014.11.4の夕焼け空

[PR]
by hitakijo | 2014-11-05 17:58 | ☆☆感察☆☆ | Comments(0)

『22回目の春』 ヒゴスミレ Viola Chaerophylloides

このヒゴスミレは、もらった鉢植えのエビネが枯れた後の1991年春、
自然に芽生えたものの子孫である。
世代交代を繰り返し、22回目の春を迎え、今年も見事に開花。

a0083553_13223349.jpg

a0083553_13231717.jpg
a0083553_13234793.jpg
a0083553_13241677.jpg

ヒゴスミレ(肥後菫) 2013.3.20撮影

[PR]
by hitakijo | 2013-03-20 17:56 | ☆☆感察☆☆ | Comments(0)

『雪やこんこん 降ってる 降ってる』

玄関前の手摺の上、すでに7cmほど積もっています。 2013.1.14 13:49:07撮影

a0083553_1418367.jpg




a0083553_14184893.jpg




a0083553_14221660.jpg




a0083553_14232357.jpg

[PR]
by hitakijo | 2013-01-14 14:26 | ☆☆感察☆☆ | Comments(2)

『棘のある葉』

a0083553_23292547.jpg

[PR]
by hitakijo | 2011-12-03 00:03 | ☆☆感察☆☆ | Comments(0)

個展2日目 『今日のお客様』 

個展2日目。今日の珍客様はアオドウガネさんとアダンソンハエトリさん。
アオドウガネさんは、絵がお好きなようで展示していたスケッチブックのうえに乗ってご覧になっていました。
昨日お越しになったアダンソンハエトリさんは、さらに絵がお好きなようで画廊にお泊まりになったようで、
今日行ってみたら、すでに絵の上に乗ってご覧になっていました。
遠慮してガラス越しに見ておられたのはマエアカスカシノメイガさんでした。

アオドウガネ     アダンソンハエトリ(左上の黒い点)

a0083553_18175424.jpga0083553_18181849.jpg
[PR]
by hitakijo | 2011-10-13 22:12 | ☆☆感察☆☆ | Comments(0)

『 エッセイ 書いた !! 』

a0083553_1652123.jpg

a0083553_168534.jpg

恥ずかしながら、エッセイの連載が始まりました。連載は10年ぶりです。
今日の散歩の帰りに郵便箱を覗いたら、そのエッセイの第1回目の載った冊子『マイガーデニング』が入っていました。誌面に載った文章はなかなか良いものです。しかし、改めて読んでみると文章の出来はいまひとつです。9月号の原稿は先日送りましたが、上手く書けていたのか心配です。
[PR]
by hitakijo | 2011-07-14 16:09 | ☆☆感察☆☆ | Comments(2)

ツグミが飛んで行く !!

今朝は、お雑煮を食べる前に初詣へ。時間はちょうど7時、玄関を出てほんのりと茜色の朝焼けの空を見上げると、ツグミが2羽飛んでいました。今年の初出会いの鳥はツグミでした。
というわけで、今年の最初のスケッチはツグミでした。スケッチは何れUPするつもりです。
(スキャナーがないので、7枚以上のスケッチが描き貯まったらデジカメで複写しています。そのためにその日に投稿できないのです。)
[PR]
by hitakijo | 2011-01-01 18:06 | ☆☆感察☆☆ | Comments(2)

クイズ 『これは何でしょう ?』

たまには息抜き?、というわけではありませんがクイズをひとつ。

【これは何でしょう ?】
「造形の妙」というのでしょうか、自然界の造形はじつに美しいですね。
ヒント:縁起のいい植物です。もうお分かりですね ?
賞品などは出ませんが(笑)、ドンドン答を書いてください。
(答は、もうひとつのブログへ載せます)

a0083553_15532147.jpg
[PR]
by hitakijo | 2010-12-21 18:04 | ☆☆感察☆☆ | Comments(7)

『真果』 『偽果』 リンゴの本当の果実、捨ててるって本当?!

みなさん、バラの本当の果実を見た事がありますか。
あの赤い実は本当の果実ではありません。「ウッソー」という声が聞こえてきそうです。でも本当でーす。(笑)
子房(本当の果実になる器官)を包む花托が肥大したもので、偽果といいます。
バラ科はとても偽果が多いです。
リンゴの芯の部分が本当の果実ですが、食べている部分は花托の肥大したものです。
同じバラ科の桃や梅は本当の果実を食べています。(笑)

本当の果実(真果)と偽果の定義は次の通りです。
◉真果(本当の果実):子房と種子だけでできている果実。
◉偽果:花托(花床)や花軸やガクなど,子房以外の部分が加わってできている果実

▼とりあえず、ノイバラの真果をご覧ください。赤い1個の偽果にこれだけの真果が入っていました。
ノイバラの花には複数の雌しべがついています。ひとつの雌しべから1個の果実が出来るので偽果の中に複数の真果が入っているのです。中に入っている真果の数は一定ではなく、上手く受粉できた雌しべの数で決まるようです。一見種子のようですが真果です。徐々に分かってきますよ。(笑)
a0083553_1252467.jpg



▼偽果の中に入っている真果を見てみましょう。大きさにばらつきがあるのは、受粉が上手く行ったものとそうでないものの差でしょう。
a0083553_12573432.jpg



▼これがノイバラの偽果です。これは花托が肥大して出来たものです。これなら見た事がおありでしょう。へその所にガクや雌しべの柱頭の名残があります。
a0083553_1331482.jpg



▼最初の画像が本当かどうか、信じられない人のために・・・
真果のひとつを割ってみました。中から2個の種子が入っていました。
子房と種子でけで出来ていました。まさしく、真果でした。(笑)
a0083553_1373229.jpg
割れた果皮(上段)と2個の種子

[PR]
by hitakijo | 2010-11-29 13:11 | ☆☆感察☆☆ | Comments(0)

『戻ってきたジョウビタキ』

このスケッチは、10月31日の記事に書いた、今シーズン最初に出会ったジョウビタキです。
翌日もこのジョウビタキに会いたくて出かけました。この日は双眼鏡までもっていったのですが、何処にもいませんでした。
次の日も次の日もやはりいませんでした。空き地に草がないので別の場所へ移動したようです。とは言ってもやはり気になるので、その後も行ってみましたがやはりいませんでした。
そして11月5日、この日も、もしやと思い行ってみました。やはりいなかったので帰りかけたその時に、あの懐かしい声が小さく聞こえてきました。ケヤキの方から聞こえた気がしたのでのその木の下で佇んでいると、また小さな声がしました。ケヤキの樹冠で鳴いているようですが姿が見えません。この日は、いるわけないだろうと思って双眼鏡を持ってきていませんでした。また鳴きましたがやはり姿は見えません。
見上げて首が痛くなったので、首を廻していると、飛びました。♀でした。
今度はハリエンジュの樹冠へ姿を隠しました。時々鳴くのですが、姿が見えません。やがて鳴き声もしなくなてしまいました。31日に出会った個体かどうか確かめる事は出来ませんでした。
次の日(6日)は双眼鏡を持って行きました。まず昨日の場所へいきましたが、いなかったので、空き地が見下ろせるところへ行ってみました。これが功を奏したのです。見下ろした空き地フェンスのコンクリートの上に止まっていました。
翼の白班の大きさや形、全体の色合い、間違いなく31日に出会ったジョウビタキと同個体でした。戻ってきたのです。
昨年のように空き地に草が生えていないので、広範囲に動き回ってえさを探しているのでしょう。この日は2カットのスケッチが描けました。
7日も2カットのスケッチが描けました。8日は声は確認できたのですが姿は見る事が出来ませんでした。
そして、昨日今日(9日10日)と声も確認できませんでした。また何処かへ行ったのでしょうか。三たび出会えるといいのですが・・・
11日、三たび出会えて2カットスケッチしました。12日にも1カット、スケッチできました。(ニッコリ)

a0083553_8202268.jpg
ジョウビタキ 2010.10.31

[PR]
by hitakijo | 2010-11-13 08:25 | ☆☆感察☆☆ | Comments(2)