カテゴリ:千畳敷にて( 13 )

イワシャジン 『高山植物』

a0083553_8171642.jpg
イワシャジン=岩沙参(キキョウ科) 2001.8.23 宝剣岳

[PR]
by hitakijo | 2010-09-04 08:20 | 千畳敷にて | Comments(0)

ツルフジバカマ、アキノタムラソウ

千畳敷へ行った帰りの日、バスが来るまでまだ30分あるので、バス停の周りの公園を散策。ぶらぶら歩いていると池がありました。その畔にツルフジバカマとアキノタムラソウがありました。
バスの時間が迫っていたので、彩色はそこそこにしてバスに乗りました。

a0083553_7541233.jpg
ツルフジバカマ=蔓藤袴(マメ科)、アキノタムラソウ=秋田村草(シソ科)
2001.8.24 駒ヶ根市石切公園にて

[PR]
by hitakijo | 2010-09-03 07:55 | 千畳敷にて | Comments(0)

クロトウヒレン、タカネヒゴタイ、ミヤマアキノキリンソウ、ミヤマホツツジ 『高山植物』

月日の経つのは早いもので、高山帯(2,500m以上)の千畳敷へ初めて行ってから9年が経ちました。
あれ以来高山帯へは行っていません。おそらくこれからも高山帯へ行く事はないと思います。
しかし、目をつぶればいろいろな高山植物が浮かんできます。 


a0083553_8262087.jpg
クロトウヒレン=黒唐飛廉(キク科)、タカネヒゴタイ=高嶺平江帯(キク科)、
ミヤマアキノキリンソウ=深山秋の麒麟草(キク科)、ミヤマホツツジ=深山穂躑躅(ツツジ科)
2001.8.23 千畳敷にて

[PR]
by hitakijo | 2010-09-02 08:40 | 千畳敷にて | Comments(0)

ツルフジバカマ、アキノタムラソウ 

光前寺のヒカリゴケを見た後、バス停へ行ったのですが、バスの時間まで30分もあります。
幸いなことにそこは公園でしたから、散策を初めてすぐにツルフジバカマとアキノタムラソウを見付けました。
急いで、スケッチ箱とスケッチブックを取りに戻りました。

今日で千畳敷シリーズは終わります。長らくお付き合いありがとうございました。

a0083553_1895379.jpg
左から:ツルフジバカマ=蔓藤袴(マメ科)、アキノタムラソウ=秋田村草(シソ科)
<自家受粉を裂けるため、老いた花の雄しべは外側に曲がります)
2001.8.24 駒ヶ根市・石切公園(バス停)にて

[PR]
by hitakijo | 2007-09-23 08:11 | 千畳敷にて | Comments(0)

クサボタン、ヒカリゴケ

ホテル千畳敷に1泊し、翌朝の散策を終えたあと、お昼前にしらび平に降りて来ました。
妻達がお土産を買いに行くというので、私は何となく逆方向の坂道を登ってみました。
突然の出会いが待っていました。
まるで導かれるような出会いでした。
以前から1度は見てみたいと思っていた『クサボタン」があったのです。 2001.8.24 しらび平にて

a0083553_18131631.jpg
クサボタン=草牡丹(キンポウゲ科センニンソウ属、雌雄異株)
<センニンソウ属で蔓にならないのは本種のみ>
光前寺のヒカリゴケ=光苔 2001.8.24

[PR]
by hitakijo | 2007-09-22 08:13 | 千畳敷にて | Comments(6)

窓を開けたら・・・ 

ふと、外に目をやると、そこには漆黒の闇がありました。都会の夜とは違います。
立ち上がり窓を開けると、駒ヶ根市街の夜景が目に飛び込んできました。
遠方には南アルプスのシルエットが・・・。
美しい ! ! 思わずテーブルの上のテレビ番組表のコピーの裏に描いてしまいました。
(長年の癖は直っていませんでした)

a0083553_21402664.jpg
▲駒ヶ根市街の夜景 2001.8.23 22:00 ホテル千畳敷にて

[PR]
by hitakijo | 2007-09-20 08:36 | 千畳敷にて | Comments(2)

オヤマリンドウ、ミヤマアカバナ、クロウスゴ、ホソバトリカブト 『高山植物』

a0083553_19132489.jpg
上から:オヤマリンドウ=御山竜胆(リンドウ科)、タカネグンナイフウロ=高嶺郡内風露(フウロソウ科)の若い果実
ミヤマアカバナ=深山赤花(アカバナ科)の花と若い果実、ホソバトリカブト=細葉鳥兜(キンポウゲ科)
クロウスゴ=黒臼子(ツツジ科)2001,8.23 千畳敷にて

[PR]
by hitakijo | 2007-09-18 08:54 | 千畳敷にて | Comments(2)

シナノオトギリ、ヨツバシオガマ、エゾシオガマ

a0083553_19174613.jpg
左から:シナノオトギリ=信濃弟切(オトギリソウ科)、ヨツバシオガマ=四葉塩竈(ゴマノハグサ科)
エゾシオガマ=蝦夷塩竈 2001.8.23 千畳敷にて

[PR]
by hitakijo | 2007-09-15 09:40 | 千畳敷にて | Comments(6)

『千畳敷にて』 タカネヨモギ、ジャコウソウ、シナノキンバイ

a0083553_1922979.jpg
左から:タカネヨモギ=高嶺蓬(キク科)、ジャコウソウ=麝香草(シソ科)
シナノキンバイ=信濃金梅(キンポウゲ科)の花と果実 2001.8.23 千畳敷にて

[PR]
by hitakijo | 2007-09-11 08:16 | 千畳敷にて | Comments(2)

カヤクグリ、ヒメウスユキソウ

冬期、高尾山などで何度か見た事のあるカヤクグリ、まさか千畳敷で見るとは夢々思いませんでした。
この頃は野草と樹木の感察とスケッチに凝っていたので高山鳥の存在は念頭になかったのです。
そうだ、ここにはイワヒバリ、ホシガラスも生息しているはずだ、と思いついた途端、
両種ともすぐに見る事が出来ました。
イワヒバリとは初めての出会いでした。 

a0083553_18182497.jpg
カヤクグリとヒメウスユキソウ 2004.8.23 極楽平にて

[PR]
by hitakijo | 2007-09-08 09:57 | 千畳敷にて | Comments(4)