<   2008年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

スズメのスケッチ

2008.1.24=この日は義母の祥月命日だったので、妻と墓参に行きました。
何時ものように香取公園の中を通って行きます。
剪定されたモミジバスズカケノキが寒々しく立っています。
ふと梢を見上げると1羽のスズメが佇んでいました。 

a0083553_2358933.jpg
スズメ 2008.1.24 香取公園にて

[PR]
by hitakijo | 2008-03-31 00:34 | スズメのスケッチ | Comments(12)

アカハラ、モズ、オオジュリン

a0083553_14141747.jpg
左から:アカハラ♀、モズ♂、ビワコカタカイガラモドキを食べるオオジュリン
2008.3.8 鳥類園にて

[PR]
by hitakijo | 2008-03-30 00:28 | 葛西臨海公園・鳥類園 | Comments(4)

ミヤコドリ

私は海の近くで生まれ育ったので、上京後もときどき岩の多いきれいな海が見たくなります。
そこで、この日は三浦半島の毘沙門海岸へ行ってみました。
田舎の海とは岩の感じが違っていましたが、潮の匂いは同じだったのでホットしました。
砂浜を歩いて岩の上まで行き、深呼吸して胸いっぱい潮の匂いを吸い込みました。
腕を下ろし、ふと前方に目をやると黒っぽい鳥がいるではありませんか。
遠くて良くわからないので、岩づたいにそっと近づいて見ると、白と黒のツートンカラーの体に真っ赤な嘴と足。
それは初めて出会う『ミヤコドリ』だったのです。
何と運が良いのでしょう。(海を見に来ただけが・・・)
スケッチは初めて出会ったミヤコドリの印象をそのまま描いたもので、
実際はこれほど鮮やかな赤ではありません。
初めて出会う鳥は美しさが誇張されて見えるものです。

a0083553_022017.jpg
▲ミヤコドリ 1976.3.28 毘沙門海岸にて

[PR]
by hitakijo | 2008-03-29 00:47 | 70年代のスケッチ | Comments(6)

イソヒヨドリ、クロサギ

海の方に目をやると、テトラポッドの上にイソヒヨドリが、
そして沖に設置してある生け簀の上にはクロサギがいました。
なんと生け簀の中のイワシを失敬しているではありませんか。(笑) 
これがクロサギとの初めての出会いでした。

a0083553_043164.jpg
イソヒヨドリとクロサギ 1972.3.27 網代港にて

[PR]
by hitakijo | 2008-03-28 00:17 | 70年代のスケッチ | Comments(10)

『1970年代のスケッチ』 ダイサギ、ゴイサギ

この日はⅠ 氏の車で網代港へ行きました。
Ⅰ氏とは'70年11月に山中湖畔で偶然出会ったのです。
カメラを抱えたⅠ氏が鳥のスケッチを描いているところへやってきて、
「自分は鳥の写真を撮っています。良かったら車で来ているので乗って行きませんか」
『お言葉に甘えて乗せて頂きます。』
こうして鳥が取り持つ縁で友達になり、いろいろな所へ一緒に行きました。
この当時は、網代港の裏山にはゴイサギのコロニーがあり、Ⅰ氏は写真を私はスケッチをしました。
今度は海の方を見てみようという事で海の方に目をやると、そこには面白い情景がありました。
そのスケッチはまた明日・・・

a0083553_13291123.jpg
ダイサギ、ゴイサギ [左側:幼鳥(ホシゴイと呼ばれている) 1972.3.27 網代港にて

[PR]
by hitakijo | 2008-03-27 00:27 | 70年代のスケッチ | Comments(2)

『鳥類園にて』 ウグイス・ハナズオウ

a0083553_1134956.jpg
ハナズオウ=花蘇芳(マメ科)の枝で囀るウグイス 2006.3.25 鳥類園にて

[PR]
by hitakijo | 2008-03-26 00:24 | 葛西臨海公園・鳥類園 | Comments(6)

ジョウビタキ、ツグミ

これまでにも、別種の鳥のツーショットをいろいろスケッチしてきましたが、
この日はジョウビタタキ♂が止まっている低木の枝にツグミが飛んで来て止まりました
止まった直後、尾羽をパッパッと左右に広げました。
この動作以前にも見た事があります。
細い枝に止まった直後は必ずやるのでしょうか?
2羽は2分ほど止まっていましたが、ほぼ同時に何処かへ飛んで行ってしまいました。

a0083553_0122641.jpg
ジョウビタキ♂とツグミ 1998.3.25 水元公園にて

[PR]
by hitakijo | 2008-03-25 00:23 | 水元公園にて | Comments(4)

スズメ の スケッチ 『 春ですね !! 』

2008.3.11=この日は自転車に乗って、川向こうの公園へ行きました。
その途中にある小さな工業団地の屋根に2羽のスズメが見詰めあって止まっていました。
恋が実ったようです。
時はまさに春。
めでたし! めでたし! !

a0083553_049969.jpg
スズメ 2008.3.11 工業団地の屋根

[PR]
by hitakijo | 2008-03-24 01:10 | スズメのスケッチ | Comments(4)

『1960年代のスケッチ』 カワガラス

この日(1969.3.24)は、今で言うリベンジでカワガラスのスケッチに行きました。
2週間前('69.3.14)に小仏でルリビタキを見て、意気揚々とした気分で近くのバス停まで下りました。
時刻表を見ると、あと20分もあります。
時間つぶしに近くの堰堤の見えるところに座り、棒になった足をさすっていたら、
目の前を「ビーッ」と鳴きながらチョコレート色の鳥が横切って行きました。
『なんだ、こんなに下流にいたのか』
(探し回っては出会えないという教訓だと思い、これ以後はがむしゃらに探し回る事を止めました)
 これが、『カワガラス』との初めての出会いでした。
バスの本数が少ないので、この時はスケッチが出来なかったので、再度この日にスケッチに行きました。 
<'08.3.18の記事を参照してください>

a0083553_20275057.jpg
カワガラス 1969.3.24 裏高尾

[PR]
by hitakijo | 2008-03-23 00:58 | 60年代のスケッチ | Comments(8)

ユリカモメ

この日は荒川河川敷へスケッチに行きました。
家を出たのが11時と遅かったので、コンビニでアンパンを買いました。
葦原の脇に自転車を置き、葦原の中の護岸の上を歩いて水門のところまで行きました。
スケッチを始める前にアンパンを頬ばっていると、上空でユリカモメの鳴き声が、
見上げると羽ばたくユリカモメと「月」が目に入りました。
何気なく時計を見ると、ちょうど12時を指していました。
(この時の印象とスケッチをもとに『HIGH NOON』という画題の結構大きな自然画を制作しました。)

a0083553_10543039.jpg
ユリカモメ と 真昼の月 1994.3.21 荒川河川敷にて

[PR]
by hitakijo | 2008-03-22 00:39 | 荒川下流河川敷にて | Comments(4)