<   2009年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧

『野鳥スケッチ』 ユリカモメ、セグロカモメ、ウミネコ

a0083553_2305268.jpg
左から:ユリカモメ、セグロカモメ、ウミネコ 198910.27 荒川下流にて

[PR]
by hitakijo | 2009-10-31 07:00 | 荒川下流河川敷にて | Comments(3)

キリ  「果実・種子」

a0083553_2072023.jpg
キリ=桐(ゴマノハグサ科)の果実と種子 2008.10.25 鳥類園にて

[PR]
by hitakijo | 2009-10-30 10:04 | 野草・植物スケッチ | Comments(5)

ジョウビタキ 『相棒との再会 !!』

個展会場のお客様数人からジョウビタキを初見したという情報が、もうそんな季節に。
裏の公園にも早くやって来て欲しいものです。
昨年はとうとうやって来てくれませんでしたから尚更です。
1昨日(27日)も裏の公園と空き地を散歩しました。
朝の空気は冷たく手をポケットに入れるほどでした。
昆虫の姿がないのも仕方がありません。
あきらめて帰りかけたとき、空き地から「ヒッ ヒッ ヒッ」と
懐かしい声が聞こえてきしました。
向き直り、空き地全体を見まわしましたが姿がありません。
しばらく前方を眺めていると止まりました。
ひときわ高いメマツヨイグサの果穂の頂きに「相棒が止まりました !!」
家の近くでは2年振りのジョウビタキ♂との再会です。これで元気百倍。(^-^)
来年に向けスケッチに精を出そう。
昨日は外灯のてっぺんに止まってくれました。
今日は姿は見えませんでしたが空き地の奥の方から声が聞こえました。
空き地を縄張りにしたようで、明日からも楽しみです。

a0083553_928438.jpg
ジョウビタキ♂ 2009.10.27 空き地にて
[彩色途中のスケッチ]

[PR]
by hitakijo | 2009-10-29 08:36 | 近所・空き地・路傍 | Comments(8)

『野鳥スケッチ』 コサギ、セグロカモメ、ユリカモメ

a0083553_9385176.jpg
コサギ、セグロカモメ、ユリカモメ 1991.10.19 船堀干潟にて

[PR]
by hitakijo | 2009-10-28 09:42 | 荒川下流河川敷にて | Comments(6)

『数千羽の塒入り』 ムクドリ

先ほど買い物から帰ってきた妻が玄関で「ちょっと来てー」と叫ぶので何事かと外に出てみると、もの凄い数(おそらく数千羽)のムクドリが大乱舞していました。今年初めての塒入りです。これほどの大群は初めてのことです。ちなみに去年は数百羽でした。
a0083553_17453344.jpg
a0083553_17455653.jpg

2009.10.27 p.m.5:09撮影

[PR]
by hitakijo | 2009-10-27 19:27 | ☆☆感察☆☆ | Comments(10)

『野鳥スケッチ』 オナガガモ、ユリカモメ

a0083553_16494822.jpg
オナガガモ、ユリカモメ 1991.10.19 船堀干潟にて

[PR]
by hitakijo | 2009-10-27 16:52 | 荒川下流河川敷にて | Comments(2)

メマツヨイグサ、エノキ、アラカシ、ユリノキ、コマツヨイグサ

a0083553_15494767.jpg
上左から:メマツヨイグサ=雌待宵草(アカバナ科)の花と果実、エノキ=榎(ニレ科)の果実
アラカシ=粗樫(ブナ科)のドングリ、ユリノキ=百合の木(モクレン科)の集合果とひとつの果実
コマツヨイグサ=小待宵草(アカバナ科)
2006.10.20 裏の公園にて

[PR]
by hitakijo | 2009-10-26 15:53 | 野草・植物スケッチ | Comments(4)

サカキ、クコ、クマシデ、スイカズラ、イシミカワ、アオギリ、アカスジキンカメムシ

a0083553_1345430.jpg
上左から:サカキ=榊(ツバキ科)の若い果実と葉に止まったアカスジキンカメムシ幼虫、クコ=枸杞(ナス科)の花
クマシデ=熊四手(カバノキ科)の果穂、スイカズラ=吸葛(スイカズラ科)の果実
イシミカワ=石実皮(タデ科)の果実のようなガクとその中に入っている黒い本当の果実
アオギリ=青桐(アオギリ科)果序  2006.10.19 柳原千草園にて

[PR]
by hitakijo | 2009-10-25 13:12 | 野草・植物スケッチ | Comments(4)

『コメントへの御返事が書けるようになりました』 スミレホコリタケ

退院して3ヶ月が過ぎ、食事以外は何とか入院以前に近い生活が出来るようになりました。
長い間、頂いたコメントへのご返事を失礼していましたが、今日から謹んでご返事を書かせて頂きます。
長い間本当にありがとうございました。



昨日(24日)の「植物感察ツアー」では、先ず最初にとても珍しいキノコ『スミレホコリタケ』を感察してもらいました。
この画像は急遽ガイドツアーの講師を頼まれた10月10日に撮ったものです。

この画像を撮るまでには実にいろいろなことがありました。
このスミレホコリタケを最初に発見したのは、退院後の1日スタッフの復帰の日(8月24日)でした。
3名の研修生を指導した後、やや遅れて戻ってきた私が発見しました。
見せてあげようと思いましたが、周りにはもう誰もいませんでした。
この時はカメラを持っていなかったので、帰りに撮るつもりでした。
しかし、復帰初日を無事に務め上げてホットしたのか、キノコのことはすっかり忘れ写真を撮らずに帰りました。
その日感察した出来事はノートに記録しているのですが、8月24日を見返してもスミレホコリタケのことは1行も書いてありません。
完全に記憶から抜け落ちていました。不思議といえば不思議です。

これで終わりではありませんでした。9月25日、不思議というか奇遇なことが待っていました。
ある人から「1年前の記事」にコメントが入りました。1年前の記事にコメントをする人はどんな人だろうと相手のHPを訪れてみると、葛西臨海公園で撮られた生きものたちの小さな多数の画像が画面いっぱいに広がっていました。(撮影日は9月10日になっていました) スクロールしてみていると、手に持ったスミレホコリタケの画像がありました。(ちなみに、その人はキノコとは知らなかった) 拡大してみるとよく似ています。もしやと思い見つけた場所をお聞きすると、予想通り私の発見したスミレホコリタケでした。

これでスミレホコリタケの記憶が戻ったと思ったのですが。翌日(9月26日)が1日スタッフの日だったので鳥類園へ行きましたが、またもやスミレホコリタケの記憶だけが抜け落ちてしまっていました。

そして、10月10日の昼休みに思い出したので探しに行ってみました。しかし発見場所にはありませんでした。念のために他の場所を探したら別の植え込みにありました。「ありました !!」 発見後台風などがあり、かなり傷んでいましたが茎の部分はしっかりしていたので発見場所に戻して記念写真を撮りました。メデタシ!メデタシ!!(笑)


a0083553_814439.jpg
スミレホコリタケ(傘の直径約12センチ)

[PR]
by hitakijo | 2009-10-25 08:16 | ☆☆感察☆☆ | Comments(4)

『若い果実』 ヤブマメ、ウバメガシ、エノキグサ

a0083553_2394768.jpg
ヤブマメ=薮豆(マメ科)、ウバメガシ=姥目樫(ブナ科)
エノキグサ=榎草(トウダイグサ科、別名:編笠草=花穂を包む苞葉の形から)
2006.10.18 裏の公園にて

[PR]
by hitakijo | 2009-10-24 07:00 | 野草・植物スケッチ | Comments(4)