<   2010年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

オオヨシキリ 『行々子』

今年はまだ、あの賑やかな鳴き声を聞いていませんが、
今頃は既に渡って来て「ギョギョシギョギョシ(行々子)」と鳴いているかもしれません。
オオヨシキリは、俳句では「行々子」で夏の季語です。

有名な句としては
行々子口から先にうまれたか 一茶

能なしの眠たし我を行々子 芭蕉


a0083553_2174039.jpg
オオヨシキリ 1991.4.28 荒川下流河川敷

[PR]
by hitakijo | 2010-04-30 08:09 | 荒川下流河川敷にて | Comments(2)

カヤラン 『1970年代のスケッチ』

a0083553_843661.jpg
カヤラン=榧蘭(ラン科) 1971.4.25 高尾山麓

[PR]
by hitakijo | 2010-04-29 08:07 | 野草・植物スケッチ | Comments(2)

アリアケスミレ

a0083553_2142353.jpg
アリアケスミレ=有明菫(スミレ科) 2004.4.17 荒川河川敷

[PR]
by hitakijo | 2010-04-28 07:48 | 野草・植物スケッチ | Comments(2)

ソリハシセイタカシギ [アボセット] 『17年振りの再会』

この日は、ある自主グループの植物感察会で葛西臨海公園へ行きました。
芦が池方面は行ったことがないというのでそちらの方を重点的に感察する事に。
しかし最後のまとめは鳥類園の展示室で行いたいと言うことで、
葛西臨海公園の端から端まで歩きました。
最後のまとめをして参加者の皆さんと別れました。
皆さんが帰られたので、スタッフルームへ顔をだし、談笑していると
O君が確認して欲しいと望遠鏡を指さしました。
覗いてみると数百メートル先の東渚の波打ち際に足の長い白黒の鳥が見えました。
豆粒ほどの大きさにしか見えませんが、見覚えのある姿でした。
それはなんと、17年振りに見るソリハシセイタカシギでした。
以前に2度見ていますが、何れも1羽でした。
同時に2羽は初めてでとても感激しました。
その後の様子でも2羽は何時も寄り添っているようで、
「ペア」かもしれないなどと勝手な想像をしています。(「東渚で子育て・・・ちょっと考え過ぎかな」 

a0083553_2124083.jpg
ソリハシセイタカシギ 2010.4.18 葛西臨海公園

[PR]
by hitakijo | 2010-04-27 08:17 | 葛西臨海公園・鳥類園 | Comments(8)

ジョウビタキ 『再会を期す !!』

a0083553_2112063.jpg
ジョウビタキ♀ 2006.4.18 荒川河川敷

[PR]
by hitakijo | 2010-04-26 08:14 | 荒川下流河川敷にて | Comments(2)

ヤブヘビイチゴ、ヘビイチゴ

a0083553_20593737.jpg
ヤブヘビイチゴ=藪蛇苺(上)、ヘビイチゴ=蛇苺(バラ科) 2002.4.17 小石川植物園

[PR]
by hitakijo | 2010-04-25 07:48 | 野草・植物スケッチ | Comments(2)

『ある椰子の木のある風景』

先日(2010.4.6)、妻と葛西臨海公園に行きました。
そして下の画像を撮りました。
気紛れで撮ったわけではありません。
ある面白いネタがあったので撮ったのですが、
どんなネタだか分かりますか。
「そんなこと分かるわけない」
まー、そんなこと仰らないでコメントください。
その種明かしは、もう一つのブログ『自然感察 *Nature * feeling*』の方へ

a0083553_1149753.jpg
[PR]
by hitakijo | 2010-04-24 23:08 | ☆☆感察☆☆ | Comments(4)

カシラダカ、ジョウビタキ

この日は妻が新しい公園「都立汐入公園」が出来たので行ってみましょというので行ってみました。
汐入というので隅田川の水を引き込んだ水辺の公園を想像し、シギ・チドリを期待しました。
ところが行ってみて、ガッカリしました。
普通の都市公園で鳥の住める場所はありません。
「汐入」と言うのは、その土地の昔の地名だったのです。
出来たばかりで野草もまだ生えて来ていません。
見るべきものがないので、荒川河川敷まで足を伸ばしました。
芝生になった土手の斜面にはシロツメクサが一面に咲き、その中に点々とヒメスミレが咲いています。
芝生を植えた時に入り込んだのでしょう。
妻はシロツメクサで王冠を作り出しました。
私はほとんど鳥の来なくなった葦原の方を眺めていました。
すると、逆光の中に鳥の姿が浮かびました。
双眼鏡で見ると、それはオオケタデの枯れ枝に止まる『ジョウビタキの♀』でした。
ジョウビタキは何時見ても特別の思いがあります。
じっくり見ようと順光の方向へ廻ろうとした時、犬と散歩している人が鳥に近づき、
犬に驚いたジョウビタキは対岸の方へ飛んで行ってしまいました。
と、同時に地面にいたのか1羽の鳥がアシの茎に止まりました。
この葦原では久し振りに見る「カシラダカ」でした。
「ガッカリ ! !」と「ヤッター ! !」が同時に起こり複雑な気持ちでしたが、
予期していなかった2種に出会えたのですから「良し」としましょう。

a0083553_2056249.jpg
カシラダカ (左)、ジョウビタキ♀ 2006.4.18 荒川河川敷

[PR]
by hitakijo | 2010-04-24 00:24 | 荒川下流河川敷にて | Comments(2)

エビネ

a0083553_20512965.jpg
エビネ=海老根(ラン科) 1999.4.17 柳原千草園

[PR]
by hitakijo | 2010-04-23 07:33 | 野草・植物スケッチ | Comments(2)

ホオアカ

上平井は1982年から1990年代前半まで足繁く通ったマイフィールドですが、
この日は珍しくホオアカが立ち寄り、囀りまで聞かせてくれました。
ここでは最初で最後の出来事でした。
その情景は今でも脳裏に焼きついています。

a0083553_2049628.jpg
枯れたメマツヨイグサの頂で囀るホオアカ 1990.4.15 上平井干潟

[PR]
by hitakijo | 2010-04-22 08:41 | 上平井干潟にて | Comments(2)