<   2016年 03月 ( 40 )   > この月の画像一覧

『アクリル絵具での習作第1号』 ヤマガラ

a0083553_840164.jpg
ヤマガラ 1969年制作

[PR]
by hitakijo | 2016-03-31 08:40 | 自然画(イラスト) | Comments(0)

『緋連雀』

a0083553_8523053.jpg
ヒレンジャク 1982.3.30 立花団地

[PR]
by hitakijo | 2016-03-30 08:52 | 近所・空き地・路傍 | Comments(0)

『青鷺』

a0083553_8353592.jpg
アオサギ 2011.3.25 鳥類園

[PR]
by hitakijo | 2016-03-29 08:36 | 葛西臨海公園・鳥類園 | Comments(0)

『瑠璃鶲』

a0083553_8285238.jpg
ルリビタキ 2006.3.25 鳥類園

[PR]
by hitakijo | 2016-03-28 08:28 | 葛西臨海公園・鳥類園 | Comments(0)

連載エッセイ [自然感察者のひとりごと] ⑨ ある植木鉢の物語

a0083553_1524090.jpg
センリョウ (センリョウ科)


【ある植木鉢の物語】


我が家には直径30cmの大きな植木鉢がある。
この鉢は今の住いに引っ越してきた30年以上前の春に妻の知人が持ってきてくださったものである。
 確か、園芸種が咲いていたと思うが、園芸種にはあまり興味がないので
何が植っていたのか覚えていない。そこで妻に聞くとペチュニアが植っていたそうである。
 妻は鉢植えを買ったり貰ったりするが、面倒を見るのは私である。面倒を見るといっても
ただ水をやるだけのことだが、とにかく私まかせなのである。
 ペチュニアは秋まで咲いていたが冬には枯れてしまった。そして、ペチュニアを支えていた緑色の支柱だけが残った。
しかし、土が乾いたら水だけはやり続けた。
 次の春が来たが、1年草だったのかペチュニアの芽吹きはなかった。
だが、替わって支柱から芽が出ていたのでとても驚いた。
 人工の支柱とばかり思っていたが、それはヤマブキの枝だったのである。
ヤマブキは挿木で簡単にふやせるそうで、支柱変じて挿木になっていたのである。
 このヤマブキは成長が早く5月初めに数個の花が咲いた。そして毎年春になると山吹色が楽しめるようになった。
それが10年ほど続いたが、水やりだけで植替えなどはしなかったので枯れてしまった。
 それから数年経っただろうか。ある日、見られない木の葉が芽吹いた。その木は秋には20cmほどの高さになった。
それは「センリョウ(千両)」だった。
 翌年、花が咲き、秋には真っ赤な実が数個ほど生った。
 ある日、廊下の方からヒヨドリの声がするので、玄関横の部屋からそーっと覗くと、熟した実をヒヨドリがついばんでいた。
 このセンリョウは、おそらくヒヨドリの糞から芽生えてきたに違いない。
来年もヒヨドリが実を食べにやって来ることだろう。
[PR]
by hitakijo | 2016-03-27 16:11 | エッセイ | Comments(0)

連載エッセイ [自然感察者のひとりごと] ⑧ 鳥の名を冠した野草たち

a0083553_12532415.jpg
スズメノヤリ (イグサ科)


【鳥の名を冠した野草たち】


長年の植物感察で多くの植物名を覚えた。その中で特に興味を引くのが「鳥の名を冠した植物」である。
今回はその中の幾つかを紹介しよう。
 最初はやはり雀である。
雀の帷子=スズメノカタビラ(イネ科)は、小さいを意味する雀と、小さな小穂を帷子(着物)に見立て、
それを合わせた命名である。この野草は道端などにも生え、ほぼ1年中見る事が出来る。
頴果はスズメの冬の重要な食料である。
 雀の槍=スズメノヤリ(イグサ科)は花穂の様子を大名行列の毛槍(けやり)に見立てての命名だという。
スズメノヤリの種子にはアリの好むエライオソームという附属物がついている。
種子をアリに遠くに運んでもらうアリ散布型植物のひとつてある。
 雀野豌豆=スズメノエンドウは種子(豆)が2個入った莢の長さが8ミリほどの豆果が生るマメ科植物。
 雀瓜=スズメウリは、直径1.5cmほどの球形の果実が生るウリ科植物である。
果実は熟すと灰白色になる。雀を冠した植物は他にもあるが、ここらで別の鳥を。
 燕万年青=ツバメオモトは、花被片の長さが1.5cmほどの白い花を5月頃から咲かせるユリ科の植物である。
熟すと濃藍色で大きさ1cmほどの果実が生る。毎年環境教育の手伝いで行く上高地で初めて出会った。
 鶯神楽=ウグイスカグラはスイカズラ科の樹木である。
初めて出会ったのは1981年3月15日、鳥見に行った明治神宮御苑である。
すでに花が数輪咲いていた。後年練馬区の子供達と行った浅間山麓で自生のものに出会う。
 紙面の都合で名前だけ、鵯上戸=ヒヨドリジョウゴ(ナス科)、烏野豌豆=カラスノエンドウ=(マメ科)
朱鷺草=トキソウ(ラン科)鴎菊=カモメギク)雉蓆=キジムシロ(バラ科)大鷺草=ダイサギソウ(ラン科)
[PR]
by hitakijo | 2016-03-27 12:55 | エッセイ | Comments(0)

『ハイタカ』

a0083553_81592.jpg
ハイタカ 2006.3.25 鳥類園

[PR]
by hitakijo | 2016-03-27 08:15 | 葛西臨海公園・鳥類園 | Comments(0)

『四十雀 銀杏の梢でぐぜる』

a0083553_2349112.jpg
シジュウカラ 2016.3.25

[PR]
by hitakijo | 2016-03-26 23:49 | ベランダにて | Comments(0)

『緋連雀』

a0083553_21262658.jpg
ヒレンジャク 1982.3.21 立花団地

[PR]
by hitakijo | 2016-03-26 00:01 | 近所・空き地・路傍 | Comments(0)

『オオジュリン』 換羽中

a0083553_14455832.jpg
オオジュリン 2014.3.22 鳥類園

[PR]
by hitakijo | 2016-03-25 09:31 | 葛西臨海公園・鳥類園 | Comments(0)