ムラサキツバメ、シラカシ、ベニシタン

最近になって、暖かい地方のチョウを都内でも見かけるようになりました。
地球温暖化が関係しているかは、今のところは分っていません。
スケッチのムラサキツバメ(片方の尾状突起が無くなっている)もそのようなチョウの1種です。
このチョウは成虫で越冬、幼虫の食樹はマテバシイの若葉です。
マテバシイはほとんどの公園に植栽されているので、今後殖えるかもしれません。

a0083553_22233055.jpg
左から:シラカシの葉上で日光浴するムラサキツバメ、ベニシタン(バラ科)の果実
ツグミの尾羽、センダンの果実と種子
2004.11.28 葛西臨海公園

[PR]
# by hitakijo | 2006-11-27 00:27 | 野草・植物スケッチ | Comments(2)

コガモ

この日は小春日和の暖かな日でした。杭の上にコガモの♂が気持ち良さそうに眠っています。
そのお腹に、時々規則正しい水面の反射が当たってとても美しい光景でした。
日向で描いていると、こちらも眠くなるほどでした。 

a0083553_2240954.jpg
コガモ♂ 1991.11.24 水元公園にて

[PR]
# by hitakijo | 2006-11-26 00:26 | 水元公園にて | Comments(4)

ギンモクセイ、ミヤマフユイチゴ、アカネ、コクサギ、イタヤカエデ、シュウカイドウ

この日は,朝起きてから御岳渓谷へ行こうという事になり、急いで用意して出掛けました。
立川駅で乗り換える時に弁当を買いました。
(この弁当は安い割には結構おいしかった。もっとも景色のいい川原で食べたからでしょう。)
御岳渓谷へ電車で行くのは数十年振り、妻とは初めてでした。
電車を軍畑駅で降り、車道をしばらく歩くと遊歩道への入り口があります。
遊歩道を上流へ向かって歩き出すと,前方右手の斜面に真っ赤なものが点々と見えます。
近づくにつれ、それは緑の葉の間から顔をだしているミヤマフユイチゴの果実でした。
ひとつ口に入れてみると甘酸っぱくて結構美味しかった。
振り返ると妻の掌には真っ赤な果実がいっぱい、夢中で食べていました。 

a0083553_0332324.jpg
上左から:ギンモクセイの果実 (これのみ11.23 裏の公園)
ミヤマフユイチゴの果実、コクサギ(ミカン科)の種子と果実、シュウカイドウの果実(近くの民家の花壇から逃げ出したもの)
アカネの果実、そして変わった形のイタヤカエデの葉(普通は5裂か7裂)
2004.11.25 御岳渓谷にて

[PR]
# by hitakijo | 2006-11-25 00:48 | 野草・植物スケッチ | Comments(4)

『自然画』  カワセミ

今日は妻と二人で鳥類園へ行きました。
着いて間もなくして、ここでは非常に珍しいウソを感察、その後すぐ、高鳴きするモズを感察しました。
擬岩の観察窓からはエリマキシギを感察、暫く歩いた観察小屋からは、
二人では勿体無い様なハイライトシーンを目撃したのです。
それはズグロカモメとエリマキシギのツーショットです。

a0083553_1925249.jpg
『青い飛翔』・・・カワセミ <個人所蔵>

[PR]
# by hitakijo | 2006-11-24 00:26 | 自然画(絵画) | Comments(14)

コジュリン、ヨシ

関東では霞ヶ浦等で繁殖するコジュリンですが、
冬期には温暖地の葦原や草原へ移動して生活するものもいます。
そのコジュリンが上平井干潟の葦原で越冬しました。

a0083553_22255978.jpg
コジュリン 1984.11.23 上平井干潟にて

[PR]
# by hitakijo | 2006-11-23 00:17 | 上平井干潟にて | Comments(4)

『獲ったぞー! !』 カワウ、カレイ

荒川下流の上平井干潟は海から7キロ程の位置にあります。この辺りまでは満ち潮にのってカレイが遡上して来るのでしょう、カワウが大きな(と言っても15cm位)のカレイを捕りました。いざ飲み込もうとするのですが、カワウにとっては大き過ぎてなかなか飲み込めません。口に入れては出し、出しては入れの繰り返しで、15分ほどかけてやっと飲み込みました。見ているこちらも少々苦しい気持ちになりましたが、飲み込んだ瞬間ほっとしました。 1985.11.24
a0083553_2364788.jpg

[PR]
# by hitakijo | 2006-11-22 00:09 | 上平井干潟にて | Comments(8)

ユリカモメ

このスケッチの場所は隅田公園のひょうたん池です。2羽は風を避けるために隅田川から飛んで来たのです。隅田川と言えばこの歌、『名にしおはば事とはむ宮こどりわが思ふ人はありやなしやと(古今411)』 在原業平
この中に歌われている『みやこどり(都鳥)』がユリカモメだと言われています。
東京都の鳥にも指定されています。 1996.11.24のスケッチ
a0083553_2333059.jpg

[PR]
# by hitakijo | 2006-11-21 00:12 | 近所・空き地・路傍 | Comments(4)

スズガモ、クイナ

a0083553_23354050.jpg
左:クイナ、そして目の後方に白班のあるスズガモ♀ 1985.11.10 上平井干潟

[PR]
# by hitakijo | 2006-11-20 00:10 | 上平井干潟にて | Comments(8)

ハクセキレイ、ツワブキ(石蕗)

千草園は区立の公園で、人工的な小さな滝により流れが造ってあります。流れの先はこれまた小さな池になっていて、ヨシやヒメガマがほんの少しだけ植えてあります。
私は見た事はありませんが、近所の方の話ではカワセミが来た事もあるそうです。
池の周りに大抵はハクセキレイがいます、この日もやはりいました。そのハクセキレイが流れを覗きに来たところをスケッチしました。 1997.11.18
a0083553_23512681.jpg

[PR]
# by hitakijo | 2006-11-19 00:10 | 柳原千草園にて | Comments(4)

ヨシ、ヒメガマ 「杭」

a0083553_15381718.jpg
上平井干潟にて 1989年

[PR]
# by hitakijo | 2006-11-18 00:36 | 上平井干潟にて | Comments(0)