ノビタキ 『ベンチで休息!?』  / ハクセキレイ

この日は久し振りに上平井干潟の対岸の狭い葦原へ行ってみました。
ここの葦原は護岸の外に幅狭く岸に沿って連なっています
しかし、手前は全てグランドになっているのです。
そのグランドを横切り、高さ50センチほどの太い鉄パイプのフェンスをまたぎ、葦原に出ました。
そこであたりを見回すと鉄パイプの上にノビタキが止まっていました。
このノビタキは忙しく飛び回り、あちらこちらに止まります。
最後は休息と洒落込んだのか、ベンチに止まりました。
尾を上げているのはハクセキレイの幼鳥(親に餌をねだっているポーズ )  

a0083553_6294953.jpg
ノビタキ、ハクセキレイ 1995.10.5 荒川下流河川敷

[PR]
by hitakijo | 2006-10-13 06:36 | 荒川下流河川敷にて | Comments(4)
Commented by Hisa at 2006-10-13 08:48 x
すばらしい鳥たちに出会えて、本当に楽しいひとときを過ごさせていただきました。ありがとうございました。
自然の中での生き生きとした鳥たちの姿。コガモのくつろいだ姿が印象に残りました。
スケッチを見せていただいて、このすごい感察力がそれを支えているのだ、とよくわかりました。 目力、と勝手に命名。それと、そのもとになっているのが、向き合っているものへの深い愛情でしょうか。
Commented by tanaka-masato at 2006-10-13 22:07
東京へ行って個展にお邪魔したいですが、なかなかままなりません。勝手ですが、少しでも大きくご紹介いただけたら嬉しい心持ちです。
Commented by hitakijo at 2006-10-14 07:16
Hisaさん、おはようございます。
作品展にわざわざお越しいただき感謝! !
その上にご厚志までいただき、ありがとうございました。
Commented by hitakijo at 2006-10-14 07:20
tanakaさん、おはようございます。
会期が終わってから考えます。
<< 『干潟の鳥たち 』 マガモ、コ... 『自然画』 10羽のセイタカシギ >>