ホオジロ

a0083553_7132581.jpg
ホオジロ 1987.4.19 上平井干潟にて

[PR]
by hitakijo | 2009-04-20 07:23 | 上平井干潟にて | Comments(6)
Commented by mariyo6 at 2009-04-20 14:30
hitakijo さん お世話様です スケッチされてるんですね
絵心のある方羨ましいです
優しい描き方 色は絵具・水彩色鉛筆かしら・・・
沢山描かれてますね 昆虫がお好きなようで・・・・
Commented by hitakijo at 2009-04-20 22:12
mariyo6 さん、こんばんは。
ご訪問・コメントありがとうございます。
絵は何方でも描けますよ。
色は、スケッチの場合は透明水彩絵具を使っています。昔は水彩色鉛筆が主でした。現在も極たまにつかっています。自然画作品はアクリル絵具を使っています。
昆虫だけでなく、鳥、野草、樹木、虫、自然の生き物は見な好きです。
Commented by よしの88 at 2009-04-22 21:52 x
こんばんは、ホオジロ君、赤みの強い個体の様ですね。
実際にこの赤みの表現がまた更にこの季節の喜びを表しているようでもあり、素晴らしいですね。
ホオジロ君は最近、里山環境でうちの行く所では特に良く会う種類です。
今までは多分気が付いていなかっただけかと思うのですが、行く所に、結構多くの個体数がいるとは思いにもよらなかったことです。

そして、アシブトハナアブ君、素晴らしいですね。
この時期はアブ類の中で特に良く出会う種類ですね。
結構葉っぱや石の上、その他の人工物にとまってくれますので、撮影には助かるのですが、一定以上近付くとすぐに飛び立ってしまいます。
ただ、また同じ所に戻ってくることが多く、撮影の時は待ち構えの姿勢としています。
テントウ君、今シーズンはまだ会っていませんが、昨シーズンに殆ど縁がありませんでしたので、今シーズンは期待したいと思っています。
Commented by hitakijo at 2009-04-22 22:55
よしの88さん、こんばんは。
☆ありがとうございます。
ホオジロ、繁殖期に入ったので里山や川なら上流域に行かないと出会えなくなりましたね。多摩森林科学園で期待していましたがサクラ見物の人手で鳥は見られませんでした。

☆ありがとうございます。
アシブトハナアブに限らず、広い葉の上に止まっていると少しましな画像が撮れます。今日もたくさんで会いました。
ナミテントウ、鳥類園では2頭だけでしたが、西渚にはたくさんいました。しかもいろいろな紋型がいました。
トベラの葉上で二紋型♀と四紋型の交尾を見つけて、写真を撮ろうと近づいたら葉の茂みににげられてしましました。昨日裏の公園で見たダンダラテントウが鳥類園に1頭いました。
Commented by Hisa at 2009-04-23 08:04 x
ホオジロの後姿、いいですねー。あまり後ろからしみじみ見たことが無いので。今、ホオジロの♀かな、カシラダカかな、、、とわからなくて悩んでいます。両者を区別するのは、頭の毛以外は、腹の白さでしょうか?
遠目だとむずかしい、、、
Commented by hitakijo at 2009-04-24 15:47
Hisaさん、こんにちは。
>今、ホオジロの♀かな、カシラダカかな、、、
両種は後頭から背にかけての色合いが違うので、慣れれば見分けは難しくないです。要は慣れることです。

<< メダイチドリ 『野草スケッチ』 ヒトリシズカ >>