オナガガモ

カモのスケッチの中ではオナガガモの♂が一番多いのです。
その理由はというと、頭と首の配色が,首の動かし方によってさまざまな曲線を描きします。
その姿をスケッチするのが実に楽しいのです。
この日は3枚もスケッチしました。 

a0083553_06157.jpg
 オナガガモ 1990.11.11 上平井干潟

[PR]
# by hitakijo | 2006-11-12 00:07 | 上平井干潟にて | Comments(4)

自然画  メジロ、サザンカ

a0083553_192924100.jpg
『花一輪と』・・・メジロとサザンカ <個人所蔵>

[PR]
# by hitakijo | 2006-11-11 00:15 | 自然画(絵画) | Comments(7)

キンクロハジロ

あの頃(1990年代)の上平井干潟の11月は、続々とカモが飛来していました。
そのうち80%がホシハジロで、15%ほどがキンクロハジロです。
12月になると7~8種類のカモが越冬していました。
つい先日(2006.10.28)、上平井干潟へ行って見ましたが、
ワンドには数十羽のユリカモメ、杭の上には十数羽のカワウがいました。
しかし、カモは1羽も来ていませんでした。
やはり干潟が無いとだめなのでしょう。 

a0083553_012858.jpg
キンクロハジロ 1990.11.11 上平井干潟

[PR]
# by hitakijo | 2006-11-10 00:14 | 上平井干潟にて | Comments(2)

モズ

この日は何となくモズを感察したくなり上平井干潟に出掛けました。
橋を渡ってすぐの所からグランドに下り、護岸の外側に生えている葦原に沿って歩きます。
葦原の中には1本のシダレヤナギの木がありますが、
その枝の中から1羽の鳥が飛び出し前方の葦原に降りました。
双眼鏡を目に当てると思ったとおりモズ(♀)でした。
素早く葦の陰に身を屈め、座って望遠鏡で覗きながらスケッチしました。
昨年、このスケッチをもとに個展用の絵を制作しましたが、
その絵は今はもう手元にはありません。

a0083553_2011363.jpg
モズ 1986.11.9 上平井干潟にて

[PR]
# by hitakijo | 2006-11-09 00:17 | 上平井干潟にて | Comments(6)

エリマキツチグリ、カエデドコロ

この日は月に1度の明治神宮感察会でした。
この日はちょっと遠回りして、宝物殿前を真直ぐに進み,その先から林の道に入り、
入ったすぐの左側の林のふちにエリマキツチグリがありました。
神宮では初めて見るキノコです。
いつもはここを通らないので、ひょっとしたら毎年出ていたのかも・・・?
 翌年の同じ時期に立ち寄ってみましたが、出ていませんでした。

a0083553_2045662.jpg
エリマキツチグリ、カエデドコロ(ヤマノイモ科)の果実 
2001.11.11 明治神宮にて

[PR]
# by hitakijo | 2006-11-08 00:10 | 自然感察会 | Comments(6)

ガガイモ

20数年前の晩秋、初めて五丁目地先の葦原へ行った時の事です。
銀色に光るタンポポの様な綿毛が沢山飛んで来ます。
ひとつ手に取ってみると毛の直ぐ下にタンポポの果実よりずっと大きな褐色の種子がついていました。
(ちなみにタンポポは果実ですが、ガガイモは中の種子が飛ぶのです)
飛んで来たもとを辿るとガガイモでした。
これがガガイモと私の初めての出会いです。
果実がわれたスケッチは後日掲載します。
お楽しみに・・・

a0083553_23323431.jpg
ガガイモ 1991.11.2 荒川下流河川敷

[PR]
# by hitakijo | 2006-11-07 00:07 | 野草・植物スケッチ | Comments(4)

『1960年代のスケッチ』 キクイタダキ

  60年代のスケッチ   1969.11.2 戸隠
a0083553_2326574.jpg

[PR]
# by hitakijo | 2006-11-06 00:05 | 60年代のスケッチ | Comments(12)

『やっと出会えた! ! その木の名は・・・』 カゴノキ / キジョラン  カンアオイ

高尾山に登るのは、自主グループを案内して以来、5年振りです。
妻と二人だけでは実に30年振りくらいだと思います。
この日は、たまたまなのか鳥の鳴き声が殆どしません。
妻と一緒の時は植物スケッチと決めているので問題はありません。
1号路→4号路→5号路(半周)→3号路→2号路→琵琶滝と巡って、
いろいろな植物を感察しスケッチをしました。
3号路では、いつか何処かでぜひ見たいと思っていた木に、ついに巡り会ったのです。
高尾山に数十回は登っていますが気付きませんでした。
もっともその頃(60~70年代)は鳥のスケッチに夢中だったのですから当然です。
その木の幼木は明治神宮で見付けたのですが、幼木では名前の由来が分りません。
でも参道沿いには成木が見当たりません。
見たい見たいと願っていたその木の名は、
幹に鹿の子模様があるので、カゴノキ(クスノキ科)といいます。


a0083553_208334.jpg
キジョラン(ガガイモ科)((アサギマダラの食草))、カゴノキの葉と幹、
カンアオイ(ウマノスズクサ科) ギフチョウの食草
2003.11.5 高尾山にて

[PR]
# by hitakijo | 2006-11-05 00:04 | 野草・植物スケッチ | Comments(8)

『上平井干潟の鳥たち』マガモ、オナガガモ、セグロカモメ

a0083553_180452.jpg
左から マガモ(♂)、オナガガモ(♂エクリプス)、セグロカモメ

[PR]
# by hitakijo | 2006-11-04 00:18 | 上平井干潟にて | Comments(4)

公園の木の実

このスケッチは2004.11.3隅田公園、11.4水元公園(妻と一緒に)、11.14明治神宮でそれぞれ描いたものです。
上左からハクウンボク(エゴノキ科)の果実、オニドコロ(ヤマノイモ科)の果実と種子、キリの果実と種子(2~3㎜)、ハンノキ(カバノキ科)の雌花と雄花(どちらも蕾)、イヌツゲ(モチノキ科)の果実、メギ(メギ科)の果実、ゴンズイ(ミツバウツギ科)の果実、イチイガシのドングリ、ナツツバキ(ツバキ科)の果実、イヌマキの種子、ウラジロガシのドングリ、そしてカラスウリの種子。 
a0083553_6495685.jpg

[PR]
# by hitakijo | 2006-11-03 06:53 | 野草・植物スケッチ | Comments(4)