『秋晴れの空の下』 ノササゲ、アカガシ、ヒメスズメバチ、ノウタケ

昨日は、個展開催の準備で疲れていましが、出掛けました。
秋晴れの空の下、明治神宮自然感察会をやって来ました。
地面にとまるルリタテハを見た後出発。
ツマグロヒョウモンをはじめ7種類のチョウや昆虫がよく目につく日でした。
嬉しい事に、内苑の一角に1株だけあるノササゲに豆果がなりました。
数年前に見つけて以来、毎年花は咲くのですが豆果がならなかったのです。
途中、遊歩道の際に長径10センチ位のノウタケを見つけると、
参加者は指で触ってその感触を楽しんでいたのが印象的でした。

a0083553_1330283.jpg
上左から:ノササゲの豆果(熟すと紫色に)、アカガシのドングリ、ヒメスズメバチ、ウスキツバメエダシャク
スダジイのドングリ、ノウタケ(成熟すると肉がひどくくずれて、黒紫色の胞子を大量に放出します)
2006.10.8 明治神宮

[PR]
# by hitakijo | 2006-10-09 09:46 | 自然感察会 | Comments(4)

自然画 『 過去 の 個展 案内ハガキ 』

a0083553_6154795.jpg
『青い飛翔』・・・カワセミ

[PR]
# by hitakijo | 2006-10-08 07:20 | 自然画(絵画) | Comments(4)

『 摺り染め作品 』 烏瓜

a0083553_1325771.jpg
カラスウリ

[PR]
# by hitakijo | 2006-10-08 06:47 | スケッチ教室 | Comments(2)

カラシラサギ ・ チュウサギ、ダイサギ、オナガガモ

この日は、上平井干潟へスケッチに行きました。
自転車を降り、干潟を見回すとチュウサギが目に入ったので、
まずチュウサギから描きはじめました。
次に葦原から長い首を出しているダイサギを描きました。
オナガガモを描いている途中に葦原の上をヨシゴイが飛んだので、
その方へ目をやると向こうからコサギらしき鳥が飛んで来て干潟に降りました。
望遠鏡を向けると、何とここでは初めてのカラシラサギでした。
急いでカラシラサギのスケッチを始めましたが、
ダイサギに脅されて下流の方へ飛び去ってしまいました。
しかし、この日はシロチドリ、ツルボ(ゆり科)、タシギの頭部、
エクリプスのオナガガモとユリカモメの頭部など4枚のスケッチが描けたので、
妻が作ってくれたお弁当を食べた後すぐに帰って来ました。

a0083553_6323889.jpg
上から:カラシラサギ、チュウサギ、ダイサギ、オナガガモ
1985.10.5 上平井干潟にて

[PR]
# by hitakijo | 2006-10-07 06:36 | 上平井干潟にて | Comments(4)

『スケッチ散歩』 ヘクソカズラ、ヤブツバキ、ギンモクセイ

ここのところ体力が落ちているので、筋力アップを兼ねて裏の公園を散歩しています。
歩く事が目的ですが、一応スケッチ箱とスケッチブックは持って行きます。
この日はギンモクセイが咲き出していました。
そういえば一昨年(2004.11.23)は妻と散歩していて
[ギンモクセイの果実]をスケッチした事を思い出しました。
これも一緒にUPします。

a0083553_6322454.jpg
左から:ヘクソカズラ(アカネ科)の若い果実、ギンモクセイの花と若い果実、そしてツバキの果実と種子
2006.10.2 裏の公園にて
  
[PR]
# by hitakijo | 2006-10-06 06:54 | 野草・植物スケッチ | Comments(8)

ツルボ、タシギ

a0083553_6431197.jpg上平井干潟は荒川下流の右岸(葛飾区)にありました。綾瀬側と荒川に挟まれた中堤は、造成時の土にいろいろな種子が混入していたのでしょう。春には都会では珍しくなったカントウタンポポ、関西に多いシロバナタンポポ、ユリ科のアマドコロが咲きます。秋にはヒメヤブラン、ツルボ(どちらもユリ科)、ウラギク。一度だけソバナ(キキョウ科)が咲いた事がありました。このように中堤は結構植物感察にいい場所ですが、草刈りが多いような気がします。 1984.10.5
[PR]
# by hitakijo | 2006-10-05 17:55 | Comments(2)

『干潟の3羽』 キアシシギ、ユリカモメ、メダイチドリ

上平井干潟に着く早々に2~3mの範囲内に3種の鳥が目に入ったので、あわててスケッチをした結果、色が濁ってしまいました。もっとも非常に安価なスケッチブックに描いているのだから仕方のないことですが・・・。左からキアシシギ、ユリカモメ(冬羽)、そしてメダイチドリ(夏羽)  1995.8.13
a0083553_7282556.jpg

[PR]
# by hitakijo | 2006-10-05 07:41 | 上平井干潟にて | Comments(6)

カラタチ

このスケッチは1994年幡ヶ谷社会教育館の講座『日曜日のアトリエ・四季を描く』の
講師を頼まれた時に描いたものです。
この講座は1年間10回のシリーズで館の近くの公園や神社などを巡って
思い思いの四季を描くとても楽しい講座でした。
95年にはやはり10回シリーズの『玉川上水を描く』を、
96年もやはり10回シリーズで『わたしの"しぶや"再発見』をテーマに渋谷区内の公園などを描いて回りました。
この3年間は、私にとってはとても有意義でかつ、とても楽しいものでした。

a0083553_7252990.jpg
カラタチの木』 1994.9.11 氷川神社にて

[PR]
# by hitakijo | 2006-10-04 07:27 | スケッチ教室 | Comments(2)

シジュウカラ

a0083553_6403414.jpg今日は朝起きて廊下から公園を眺めました。どこか遠くでシジユウカラの声がします。急いで双眼鏡とスケッチブック、鉛筆を持って戻ってみると声が近くなっていました。双眼鏡で覗いて見るとちょうどスダジイの枯れ枝に止まっていました。鉛筆でスケッチし、朝食後に机の上で彩色しました。
[PR]
# by hitakijo | 2006-10-03 07:47 | ベランダにて | Comments(12)

タコノアシ、ツルマメ、ヤブマメ、オオオナモミ、イガオナモミ

a0083553_8344080.jpg
左から:ツルマメ(ダイズの原種。豆果は枝豆そっくり、ただ小さいだけ)
イガオナモミ、タコノアシ、オオオナモミ、ヤブマメ
2006.10.1 荒川下流の中堤

[PR]
# by hitakijo | 2006-10-03 06:00 | 野草・植物スケッチ | Comments(4)