人気ブログランキング |

アオゲラ

・・・・・PCを修理に出します・・・・・
実は昨晩、記事作成中にPCが動かなくなり、修理に出す事になりました。そこで2週間ほど休止しようと思ったのですが、それではせっかくの毎日更新が途絶えてしまいます。止む終えず子供のPCを短時間借りて簡単な更新だけはしたいと思います。(何しろi画像や記事が一切使えませんから・・・また1から絵を複写するのに時間が掛かりますので)。コメントへの返事が遅れたり、又皆様の所へ今までのように毎日は伺えませんが、お許しください。

a0083553_14215668.jpg
アオゲラ 2005.3.13 明治神宮

# by hitakijo | 2007-03-13 14:59 | 明治神宮にて | Comments(6)

『 ある日 突然に 』 肥後菫

10年以上前に妻が園芸種の鉢植えの花を貰って来ました。
園芸種の花には殆ど興味を示さないので、何という花だったか覚えていません。
秋になって枯れた 後、来年も咲くのではと思い時々水だけはあげていました。
翌年(1990年)の春、元の花のものとは違う葉が出て来ました。
それは野生種の『ヒゴスミレ』でした。
その子 孫の『ヒゴスミレ』が今年も咲きました。

ヒゴスミレ 2007.3.6撮影

a0083553_1316025.jpga0083553_13161425.jpg
# by hitakijo | 2007-03-12 08:00 | ☆☆感察☆☆ | Comments(0)

『自然の恵みに感謝!!』 キクザキイチゲ、ユリワサビ

この日は、石神井児童館主催の『春の七草を観察して食べてみよう』の講師として、
子供達と一諸に吾妻峡(飯能)へ行きました。
総勢25名は10時15分前に無事に現地に着きました。
荷物を下ろして、ちょっと休憩。
10時から11時30分まで感察と採集を行いました。
子供達は採集した野草を川で洗う係です。
児童館職員と助手の4人は天ぷらやお湯を沸かす準備を始めました。
私は30分ほど自由にしてて下さいという事で、スケッチをしました。
「天ぷら」と「おひたし」が出来ました。(私も天ぷらを揚げる手伝いをしました)。
家で用意した「おにぎり」と一諸に食べました
野菜嫌いの子供達の食べること食べる事。
自分たちで採集した野草の味は格別なのでしょう。

食べた野草
 天ぷら=ナズナ、タンポポ、ヨモギ、ユキノシタ、オランダミミナグサ
 おひたし(マヨネーズをつけて)=ハコベ、コオニタビラコ、セリ
 生で味噌をつけて=ノビル・・・・・「あー、美味しかった! ごちそう様でした」
全員で『自然の恵みに感謝! !』

a0083553_23562994.jpg
左から:キクザキイチゲ、ユリワサビ 1994.3.12 吾妻峡

# by hitakijo | 2007-03-12 00:14 | 自然感察会 | Comments(4)

ミミカイツブリ、ハジロカイツブリ、オオホシハジロ、ミコアイサ

 (昨日のつづき) トラツグミをスケッチした後、前に来た時に東渚手前の水路にハジロカイツブリの群れや夏羽になりかかったカンムリカイツブリがいたので、カモが少なくなった上の池はとばしました。水路が見えて来ましたが何もいないようです。影になって見えない水際まで近づいて行くと、石組みの護岸の下にたった1羽のホシハジロ♀??がいます。「何かデカイ!!]。そっとしゃがんで慎重に確かめると、それは『オオホシハジロ♀でした』。殆どスケッチが終ったころ、人が来たので東渚の奥へ飛んで行ってしまいました。気を取り直して水路沿いに歩いて行くと、『いたぁー。夏羽のミミカイツブリ』。2羽並んで泳いでいました。この日は何という日だろう。これで終わりではなかった。旧江戸川の河口では群れではなく、たった1羽のハジロカイツブリがいました。それは『とても美しい夏羽のハジロカイツブリ』でした。さらに行った所では、おまけのミコアイサ♂にまで出会いました。

a0083553_0303851.jpg
上から:ミミカイツブリ、ハジロカイツブリ、オオホシハジロ♀、ミコアイサ♂ 
2005.3.9 葛西臨海公園にて

# by hitakijo | 2007-03-11 01:03 | 葛西臨海公園・鳥類園 | Comments(6)

トラツグミ、モズ

(昨日のつづき) アリスイを見ていると、偶然T君が友達と現れました。
妻が望遠鏡のアリスイを見せてあげています。
その間私は右側の杭に止まっているモズをスケッチ。
彼らが去った後、望遠鏡を覗いていた妻がまた、「変わった鳥がいる」という。
何処にいると聞くと、見失ったという。
いたと思われる落葉の斜面を探すが見つからない。
そこで上方の木の下に双眼鏡をやると、何かが動いた。
いました。
『トラツグミがいました』
またまた妻にやられました。(明日へつづく) 

a0083553_100542.jpg
モズ、トラツグミ 2005.3.9 鳥類園

# by hitakijo | 2007-03-10 00:10 | 葛西臨海公園・鳥類園 | Comments(4)

アリスイ 

この日は、また妻にせがまれ葛西臨海公園へ行きました。
家を出たのが10時過ぎと遅かったのですが、この日ほど珍しい鳥が次から次へと現れたのは久し振りの事です。鳥類園の観察窓から葦原のオオジュリンの群れを見ていると、妻が「大きな変な鳥がいる」という。
何処にいると聞くと、「左の方へ飛んだ」と。
念のため左の方を丹念に見て行くと桜の枝に何かいます。
望遠鏡を借りて確かめると、何とそれは『アリスイ』でした。
望遠鏡を覗いた妻が「さっき見た鳥はこれ!」と言った。
この後見た鳥は・・・。(明日へつづく) 

a0083553_1750885.jpg
アリスイ 2005.3.9 鳥類園

# by hitakijo | 2007-03-09 00:09 | 葛西臨海公園・鳥類園 | Comments(4)

シュンラン、コスミレ

このスケッチは、感察会のときに特に印象に残ったものを、メモスケッチをもとに家で描き起こしたものです。

a0083553_23134579.jpg
左から シュンラン(春蘭)、コスミレ(小菫) 2001.3.11 明治神宮にて

# by hitakijo | 2007-03-08 00:08 | 野草・植物スケッチ | Comments(2)

チョウゲンボウ

この年の冬は、五丁目地先の河川敷へ行く度にチョウゲンボウに出会い、2月に入ってからは♂♀が見られるようになりました。
この日はその後の様子が気になって出掛けて来ました。
♀はすぐに見つかりました。大抵は同じ場所で休息していたからです。しかし、♂が見当たりません。前に来た時はいずれも飛んでいるところでした。♀が飛び出さないうちにスケッチを始めました。途中で近くに止まっていたドバトの様子がちょっと変だったので、よくよく見ると何と橋の継ぎ目の所にいました。顔だけがみえました。
もしかしたら、ここで繁殖してくれるかも・・・・・

a0083553_015734.jpg
チョウゲンボウ 1987.3.4 荒川河川敷

# by hitakijo | 2007-03-07 00:07 | 荒川下流河川敷にて | Comments(2)

キブシ、サンシュユ、ホトケノザ、シャクチリソバ 

この日は、ある自主グループからスケッチ教室をたのまれて、谷津公園へ行きました。
ここは谷津干潟と隣接しています。
まず、みんなで公園を見て回りながらそれぞれ描きたいものを見付けてもらいました。
全員が見つかったところでスケッチを始めて貰いました。
みなさん、用具はばらばらです。
(スケッチ用具は自由でいいのです。
大切なのは用具ではなく、楽しい気持ちで描く事です。
楽しい気持ちで描けば長続きするのです。
長続きすれば上手くなるのです。)
みなさん、のびのび描いています。
みなさんを見て回りながら、私も少しだけ描きました。
昼食の時、お互いに講評会をやって楽しみました。
昼食後は有志だけで谷津干潟へ鳥を見に行きました。

a0083553_99333.jpg
上左から キブシ=木五倍子(キブシ科)、サンシュユ=山茱萸(ミズキ科)
ホトケノ=仏の座(シソ科)シャクチリソバ=赤地利蕎麦(タデ科)の葉
1995.3.12 谷津公園にて
    
# by hitakijo | 2007-03-06 00:31 | スケッチ教室 | Comments(8)

ヒヨドリ、ヤブツバキ、カワセミ

この日は旧安田庭園へ行きました。ひと月前に行って鳥が結構面白かったから。
ヤブツバキの周りでヒヨドリが賑やかです。
まず、嘴の周りが花粉で黄色くなったヒヨドリをスケッチしました。
描き終わって場所を移動しようとした時カワセミの声。
声のした方を見ると、水面の上に伸びたイヌビワの枝の上に止まっていました。
大きなモツゴ(クチボソ)をくわえています。
一度飲み込もうとしましたが上手くいかず、くわえたまま島の影へ飛んで行ってしまいました。
このカワセミは多分2月8日に見たカワセミと同個体でしょう。
大分成鳥羽が多くなってきています。 


a0083553_23425865.jpg
ヒヨドリとヤブツバキ(薮椿)







a0083553_23453649.jpg
カワセミ 2001.3.3 旧安田庭園にて

# by hitakijo | 2007-03-05 00:05 | 近所・空き地・路傍 | Comments(14)